公募研究

反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製

領域略称名 中分子戦略
領域番号 2707
設定期間 平成27年度~平成31年度
領域代表者 深瀬浩一
所属機関 大阪大学大学院理学研究科

医農薬などの生物機能分子として、低分子と高分子の中間サイズである中分子領域の化合物(分子量500-3000程度)が注目されている。中分子は、天然物、糖鎖、ペプチド等からなる化学多様性に富んだ分子群で、多点相互作用に基づく厳密な分子認識や複数の機能の集積が可能である等の特徴を有する。一方で、中分子の構造の複雑さから、合成に多段階を要することや合成が困難であることが中分子の利用の障害になっている。そこで本領域では反応集積化の高次化と革新的合成戦略により生物機能中分子の高効率合成を達成し、さらには高次機能中分子を創製することにより、生物機能分子開発の新たな分野を開くことを目的とする。

このため、以下の研究項目について、「計画研究」により重点的に研究を推進するとともに、これらに関する2年間の研究を公募する。1年間の研究は公募の対象としない。また、研究分担者を置くことはできない。
公募研究の採択目安件数は、単年度当たりの応募額300万円を上限とする研究を30件程度予定している。

研究項目A01では、糖鎖、核酸、ペプチド、脂質等の生物機能中分子の合成と、複合化による機能集積中分子創製、π電子系化合物を利用した新規生物機能分子創製など、高次機能中分子の創製に取り組む。新規な複合化法の開発、分子設計、中分子DDSについての取り組みも歓迎する。A02では、天然物等の生物機能中分子の高効率合成に取り組む。生細胞内合成、酵素合成との反応集積化など、新規な概念や手法に基づく高効率合成も対象とする。A03では、マイクロフロー合成を利用した連続反応プロセスの開発と多段階合成を指向した実用的な反応開発を行う。反応連結に伴う諸問題の解決を目指し、様々な反応剤、触媒、および活性種を用いるフロー反応開発、触媒の固定化、官能基や位置選択的な合成反応開発、フロー反応装置開発について研究する。
なお、研究内容の詳細については、領域ホームページを参照すること。

研究項目 応募上限額(単年度) 採択目安件数
A01高次機能中分子の創製 300 万円 10件
A02生物機能中分子の高効率合成 300 万円 10件
A03反応集積化の高次化 300 万円 10件